Googleデータポータルを楽しむためのBIツール10の基礎概念。

Googleデータポータルを楽しむためのBIツール10の基礎概念。データポータル
スポンサーリンク

Googleデータポータルに慣れてきました。

仕事でTableauというBIツールを使用しています。細かい使い勝手は異なるもののお作法にたいした違いはないと感じてます。

Googleデータポータルは、多用なデータソースへのアクセスが出来てウェブ経由でサクサクとグラフが作れる無料とは思えない素晴らしいツールです。データをビジュアライズすることに馴染みがない方でもドラッグ&ドロップでカンタンにグラフが作れます。

直感的に使えて便利なGoogleデータポータル。BIツールとしての基本的な概念を知っているともっと活用できるかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BIツール10の基礎概念

BIツールとは何か

Googleデータポータルを楽しむためのBIツール10の基礎概念(BIツールのイメージ画像)

BIとは、”Business Intelligence (ビジネスインテリジェンス)”の略称で企業内に蓄積されたデータを分析するためのテクノロジーや戦略の総称です。BIツールを使うことで、企業内に蓄積された膨大なデータを分析することができ、可視化することにより意思決定を促します。

データをグラフで可視化するツールですが、BIツールを使うと次のようなことができます。

一般的なBIツールの機能
  • 既存のデータをドラッグ&ドロップで簡単ビジュアライズ
  • たくさんの種類のデータベースに接続できる
  • データには変更を加えないから安全
  • フィルターを使ってグラフを動的に変化させられる
  • グラフを組み合わせてひと目でわかるダッシュボードが作れる
  • Webでグラフを共有、見る人に分析環境を提供できる

データソース

Googleデータポータルを楽しむためのBIツール10の基礎概念(データソースのイメージ画像)

データソースとはデータの入手元となる接続先のことです。一般的なBIツールではエクセル、Access、CSV、ローカル環境やクラウド上の各種データベースを扱うことが出来ます。

Googleコネクタ
コネクタ説明
BigQueryBigQuery テーブルとカスタムクエリに接続します。
Cloud SpannerGoogle Cloud Spanner データベースに接続します。
Cloud SQL for MySQLGoogle Cloud SQL for MySQL データベースに接続します。
Google Cloud StorageGoogle Cloud Storage でファイルを表示します。
Google アド マネージャー 360Google アド マネージャーのデータに接続します。
Google アナリティクスGoogle アナリティクスのレポートビューに接続します。
Google スプレッドシートGoogle スプレッドシートに接続します。
Google 広告Google 広告の掲載結果レポートのデータに接続します。
MySQLMySQL データベースに接続します。
PostgreSQLPostgreSQL データベースに接続します。
Search ConsoleSearch Console データに接続します。
YouTube アナリティクスYouTube アナリティクス データに接続します。
テレビ アトリビューションテレビ アトリビューションのデータに接続します。
キャンペーン マネージャーキャンペーン マネージャーのデータに接続します。
ディスプレイ&ビデオ 360ディスプレイ&ビデオ 360 のレポートデータに接続します。
データの抽出接続してデータを抽出
検索広告 360検索広告 360 のパフォーマンス レポートに接続します。
ファイルのアップロードCSV(カンマ区切り)形式のファイルに接続します。

データ形式

データソースの1つにエクセル(Googleデータポータルの場合はスプレッドシート)と記載しましたが、エクセルであればなんでも良いというわけではなく、データの記載方法には「お作法」があります。

たいした話しではありませんが、項目とデータがしっかりと入力された一次元、または二次元的な表をデータソースとして扱うことができます。

エクセル内に表的な情報はあっても余計な説明文章が先頭にあったり、行や列を結合していたりすると正しく読み込むことが出来ません。BIツールの利用者は特に「行や列の結合」をキラいます。

適したエクセル表

クリックで拡大。

適さないエクセル表

クリックで拡大

ディメンションと指標(メジャー)

Googleデータポータルを楽しむためのBIツール10の基礎概念(ディメンションと指標のイメージ画像)

データポータルを使う上で一番重要な概念がディメンションと指標(メジャー)。端的に言うといずれもフィールドですが使われ方が異なります。

データソースには、ディメンションと指標の2種類のフィールドがあります。ディメンションとはデータのカテゴリのことで、そのカテゴリ内の何かしらの要素を定量化する数値が指標です。データポータルのレポートでは、ディメンションと指標をグラフで視覚化することができます。

Googleデータポータル ヘルプ

ディメンション=カテゴリだけだとちょっと浅いかな… 指標は説明の通りで数値化できるデータです。

ディメンション(dimension)の辞書上の意味には「〔物事の〕側面、様相、特質、特徴」というものがあります。指標はディメンションを変更することでいろんな見方をすることができます。たとえば、サーチコンソール上にはクリック数という指標があります。

BIツールで使われるメジャー(指標)とディメンションの関係性
一つの指標を様々な視点で

クリック数は、国別、デバイス毎、URL単位など視点を変更することができます。この視点を変更できる機能を持つのがディメンションです。一般的には非数値データということになりますが、流通しているBIツールでは指標もディメンションとして使うことができます。

データ型

データを格納する上でのお作法・約束事みたいなものです。数値型のフィールドには文字列を入れられないし、文字列フィールドに数値をいれても文字列という扱いになるので演算処理にはつかえなくなります。

Googleデータポータルでは次のデータ型が用意されています。サーチコンソール上の型を確認しましたが、コネクタで多少異なるかも知れません。

Googleデータポータルで使われるデータ型(一部のみ)
データ型説明
数値
  • 数値
  • %
  • 持続時間(秒)
テキスト文字列
日付と時刻日付(YYYYMMDD)
ブール値True/False
地域例)国、地域、都市、緯度・経度
通貨例)JPY, USD
URLwww.yahoo.com

データソースの統合(結合)

Googleデータポータルを楽しむためのBIツール10の基礎概念(データベースの結合イメージ画像)

(最初は使わなくて良いですが)一般的なBIツールやGoogleデータポータルでは複数のデータソースを1つにまとめて扱うことが出来ます。

データベース用語では「結合」や「JOIN」と呼ばれます。Googleデータポータルでは「データソースの統合」と呼ぶそうです。データソースを統合するには、まとめる対象の表に共通のディメンションが必要となります。

集計

説明が難しいのですが「指標をどういう観点でまとめあげるか」みたいなことです。

データサイエンス用語としての集計には、「複数の行の値を特定の基準で1つにまとめ、より大きな意味または尺度を持つ1つの値に統合する機能またはフィールド」という意味があります(出典: Wikipedia)。

Googleデータポータル ヘルプ

GoogleがWikipediaを引用していようとは…

データポータルで使われる集計方法
  • 平均値
  • 件数
  • 個別件数
  • 最大値
  • 最小値
  • 合計
アンナ
アンナ

これに時間や何らかの分類項目を組み合わせて使うのよ。

使い方はアイデア次第。

  • 月、週、日の平均値
  • 時間単位の件数
  • 一定期間の最大値や最小値

データポータルからサチコに接続した時点のデフォルトでクリック数、インプレッション数は「合計」、CTRは「平均値」でした。1ヶ月という単位であれば、その期間の合計クリック数やインプレッション数、平均CTRということになります。ちなみに集計方法を変更することもできます。

計算フィールド

データソースを読み込んでそのまま用意されているディメンションや指標で分析やデータの可視化をしてもよいのですが、存在するフィールドから別のフィールドを作ることが出来ます。

これを「計算フィールド」と呼びます。

計算フィールドを使うことで、新たなディメンションやメジャーを作ることができ分析の幅を広げることが出来ます。エクセルで言うと、元の列データから関数を使って別の列データを作るイメージです。制御構文も使えるのでエクセルの関数よりは複雑な処理が出来ます。

アレコレメモ
アレコレメモ

計算フィールドが使える人、使えない人でレベル差が出てしまいます。制御構文も含めて自由自在にすることで人よりも一歩先に行くことができます。

フィルター

Googleデータポータルを楽しむためのBIツール10の基礎概念(フィルターのイメージ画像)

一般的なBIツール、Googleデータポータルがエクセルやスプレッドシートで作るグラフに対して最大の強みになるのがフィルターの機能です。

フィルターを介して、グラフ描写を動的に変更することが出来ます。

ダッシュボード

Googleデータポータルを楽しむためのBIツール10の基礎概念(ダッシュボードのイメージ画像)

これもBIツールの強みの機能です。グラフを1つの場所にまとめることができます。

Googleデータポータルを操作しているところ
ダッシュボード(グーグル・データポータル )

常に把握しておきたいKPIなどを1つのページにまとめておくことができて便利です。ダッシュボード上のグラフを相互にフィルター連携することもできます。

スポンサーリンク

まとめ

駆け足ですが、Googleデータポータルを楽しむ上でのBIツールの基礎概念をご紹介しました。ググって調べる上でも多少の概念は抑えていた方が解決への近道になると思います。

また、時間があるときに関連記事を投稿したいと思います。

Udemyのデータポータル 動画が便利すぎる!(買い切り、繰り返し視聴可)
Google Data Studio - Master the Advanced Concepts

英語の動画になりますが、英語字幕付きなので理解を助けてくれます。

TOEICが600点以上ある社会人であれば、英語の勉強も踏まえてこちらがオススメ。女性で聴きやすい音声、スライドを効果的に使っておりデータポータルの使い方が最短で吸収できます。基本的な使い方から応用まで、流行りのBigQuery連携についても触れられています。

女性の明朗な音声が聴きやすいです。

今日から使える!Google データポータル活用講座

初級者、かつ日本語の動画として現在唯一の存在です。

講師はWebマーケティングを得意とし、AnalyticsやYahooプロモーション広告などの権威の方です。データポータル が必要となる背景から始まり、基本的なグラフの作り方を丁寧に解説しています。応用的な使い方としては、Google Analyticsの連携となっているので、自社サイトの改善に役立てたい方に適した内容となっています。

Google Data Studio Dashboard Design

こちらはデータポータルでもダッシュボードデザインに特化した内容です。BIツールの一つの楽しみ方としては「魅せる」テクニックを使って、難しいデータからどうインサイトを引き出すか、という点にあります。

本講座の内容に効果的に「魅せる」テクニックが含まれており、人より一歩先の使い方を身につけるのに適した内容です。

- How to find the template for your dashboard
- How to get the color in the template
- How to setup the layout and theme for dashboard
- How to design single object
- How to combine multiple objects
- How to design UI elements such as button, page navigation

データポータルデータ可視化
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役に立ったらシェア
アレコレメモをフォローする
スポンサーリンク
アレコレメモ
タイトルとURLをコピーしました