【ビズコンフォート】ライトプラン利用者には悲報!1日利用料金が大幅増加へ | 本命は、全日プランか土日祝プランか。

【ビズコンフォート】ライトプラン利用者には悲報!1日利用料金が大幅増加へ個人事業主(副業)

お手頃価格で使い勝手抜群のコワーキングスペースを全国的に提供するビズコンフォートのライトプラン利用者には 改悪のニュース が飛び込んできました。

これまで多くの拠点で1,100円/日で使えて非常に人気を博したプランではありますが、2022年7月1日より拠点ごとに利用料金が細分化されました。変更後は、3段階の料金プランとなり、1,100円/日で使える拠点は…

激減です。

ライトプラン2,200円で月2回多くの拠点が使えましたが、今後は事情が変わってきそうです。

スポンサーリンク

ビズコンフォート・ライトプランとは

ビズコンフォート・ライトプランとは

ライトプランは、ビズコンフォートの料金体系で最も低料金のプランです。

月額2,200円という料金内でおしゃれなコワーキングスペースを月に2回程度使うことができます。それ以降は、都度料金を支払えば引き続き使えます。非会員となるドロップインは、平日日中しか使えないものの、ライトプランはそれ以外の時間帯含めて24時間使えるのが強みのプランです。

位置付けとしては、ビズコンフォートを継続的につかってもらうためのお試しプラン、営業目線でドアノック商品となるものです。

オプションは使えないものの、全拠点をフリーアドレスで使うことができます。

ライトプラン4つのメリット

  • 入会金不要・月額2,200円(税込)〜
  • 24時間利用できる
  • 利用できる拠点がいっぱい
  • 面倒な手続きいらず
    • 内覧不要ですぐに契約できる
スポンサーリンク

ライトプラン変更後の料金体系

2022年7月1日より以下、拠点の料金が3段階制へと変わります。変更は直営店で、提携店では3段階制適用外のようです。

変更前
変更後(22年7月1日〜)
  • 料金は2段階制
    (¥1,100, ¥2,200と拠点料金は2種類)
  • 多くの拠点を1,100円で使える。(PDF一覧表数えづらかったのでパッと見、7割程度)
  • 料金は3段階制
    (¥1,100, ¥1,650, ¥2,200と拠点料金は3種類)
  • 1,100円で使えるのは1/4程度

これまでは2段階制といえど、数多くの拠点は1,100円で使えました。今後は、1,100円で使える拠点数は1/4程度に激減し、多くは1,650円以上に値上げされます。

いつもBIZcomfortをご利用いただき、まことにありがとうございます。

この度弊社では、利用料金の適正化を図るため、2022 年 7 月 1 日ご利用分より、弊社直営拠点のライトプランの 1 日あたりのご利用料金を、1,100 円、1,650円、2,200 円の 3 段階へ変更することといたしました。

値下がりする拠点、値上がりする拠点がございますので、事前にご確認の上ご利用いただけますよう、お願いいたします。

※月額基本料金(2,200 円/月)に変更はございません。

公式 ビズコンフォート / ライトプラン料金改定のお知らせ

(リンク先に拠点料金一覧あり)

ドロップイン料金も変更

ライトプランだけではなく、ドロップインの料金も変更されるとのこと。

ビズコンフォートセンター北(エントランス付近)

ドロップインは、非会員向けにビズコンフォートを時間単位、あるいはコンシェルジェがいる時間帯の終日を利用できる料金プランです。

料金は拠点ごとに異なりますが、ビズコンフォート公式へドロップイン料金についても確認したところ、現地張り出しのドロップイン料金もライトプランの拠点利用料をベースに値上げされるとの話でした。

ライトプラン以外のプラン契約者には使いやすくなるか

ライトプラン利用者には、ビズコンフォートの敷居がちょっと高くなる変更ですね。。

とはいえ、今までがお手頃過ぎたんですよね。

多くの拠点で1,100円/日は、ほかのコワーキングスペースと比べても極めて良心的な価格でした。ほかのコワーキングスペースでは、デイ利用で相場2,000円といったところ。

ビズコンフォート・札幌

私は都心のとある拠点を全日プランで使っています。

利用拠点の認知度は時間とともに広がり、平日は時間帯によってかなり混雑してきました。それに伴い、一元いちげんさんとなるドロップイン利用者に至ってはマナー的に疑問符がつくケースがあり、居心地のよくない日も増えていました。

今回の変更によって、利用者数を減らす影響は少なからずあるだろうと思います。

しかし、この変更によってビズコンを好んで使うライトプラン利用者の一定数は、全日プラン、あるいは土日祝プランへ流れるものと考えます。

拠点1,650円以上の利用者は月に5回程度オフィスを使うのであれば、必然的に全日プランが選択肢に入ってきます。

定額プランになると、従量的に考えることがなくなるので気は楽です。

まとめ

ビズコンフォート・ライトプランの料金変更について投稿しました。

私自身もライトプランか、全日プランか迷った時期がありました。そのくらい、これまでのライトプランは価格が良心的で使い勝手が良いものでした。しかしながらドロップイン含めて、増加する利用者によって月極利用者の座席が確保しづらいこともありました。

この変更が既存利用者へ良い方向へ向かうものと期待します。ビズコンさん、決してほかプランまで値上げしないでね。。

タイトルとURLをコピーしました