無料で受けられる「社会人のためのデータサイエンス入門」

無料で受けられる「社会人のためのデータサイエンス入門」データ可視化
スポンサーリンク

なんとなく総務省統計局を覗いていたら無料で受けられる「社会人のためのデータサイエンス入門」という講座があったのでご紹介します。

オンラインで受けられるタイプの無料講座で5月開始とのこと。

スポンサーリンク

総務省統計局主催セミナー「社会人のためのデータサイエンス入門」

講義の特徴

無料で受けられる「社会人のためのデータサイエンス入門」

参考 社会人のためのデータサイエンス入門

講義の内容

総務省統計局が提供する入門編講座。 今、ビジネスの現場では、統計的な思考力によって様々な課題を解決していく能力、すなわち“データサイエンス”力の高い人材が求められています。このようなことを踏まえ、本コースではデータサイエンス力の向上を目指し、事例なども踏まえ、データ分析の基本的な知識を学べます。

主なテーマ

  • 第1週:統計データの活用
    • コースへの導入、分析事例から分析に用いる統計的な考え方、データの見方への導入を図る
  • 第2週:統計学の基礎
    • データ分析に必要な統計学を学ぶ
  • 第3週:データの見方
    • データの見方について基本的な方法を学ぶ
  • 第4週:公的データの使い方とコースのまとめ
    • 誰もが入手可能な公的統計データの入手方法を学び、コースのまとめを行う

個人的にオープンデータへのアクセスに興味があり、講座を受けることにしました。

講師

総務省統計局の人、ほか有名大学の人

修了条件

得点率60%以上

講座時期

5月19日(火)開講、4週間にわたって開催。

学習時間

4週間。

申込・受講方法

受講はMOOCと呼ばれる学習プラットフォームを通じて行われるようです。利用に際してはアカウント登録が必要となります。SNSアカウント(Facebook、Google)、dアカウントが使えるようです。

MOOCと呼ばれる学習プラットフォームを使って受講する。

私も申し込みました。忘れないようにします。

まとめ

データサイエンティストって言葉は流行っていはいますが、幅広い知識が必要とされますよね。Tableauは可視化はできるけどデータについてより深いところまで知っていないと「データサイエンティスト」とは呼べないかなとは思っています。

参考 社会人のためのデータサイエンス入門

タイトルとURLをコピーしました