【PR】個人事業主でも使える電子契約システム「freeeサイン」が登場。

【PR】個人事業主でも使える電子契約システム「freeeサイン」が登場。個人事業主(副業)

普段、確定申告アプリとして使っている「freee」から電子契約サービスが登場しました。

「freee」といえば、確定申告アプリ。簿記がわからなくても確定申告を短時間で行えるとして、私も含めて個人事業主の間で評価されているサービスです。

簿記のわかる人は、「やよいの青色申告」「マネーフォワード確定申告」のほうが使いやすいといった声を見聞きしますが、「freee」は会計リテラシーが高くない人でも直感的に使えるUIを提供してくれています。

そんな「freee」から登場した電子契約サービスはいかがなものでしょうか。

※この記事には一部PRが含まれます。

「freeeサイン」とは

freeeサインは、いわゆる電子契約サービスに該当します。コロナ時代のハンコ出社をなくしてくれるクラウドサービスですね。弁護士が監修しているということで安心して使えます。

電子契約は、従来書面で行われていた契約のお作法を電子的な手段で行うものとなります。

書面契約
電子契約
  • 媒体は紙
  • 署名は押印・署名
  • 郵送・訪問による送付
  • 書棚・倉庫での保管
  • 法的効力あり
  • 媒体は電子ファイル(PDF)
  • 署名は電子署名・電子サイン
  • インターネット送信
  • サーバー
  • 法的効力あり

freeeサインは、以前は「NINJA SIGN」というサービス名称だったようですね。現在では、freeeプロダクトに正規に含まれ現在の名称になっているようです。

文書業務に関わる悩み

法人でも個人でもそれが事業であれば、つきまとうのは文書管理です。

私はITを生業にしている企業につとめているものの、文書に関する社内システムは数多く存在し、中にはワークフロー化されておらず、独自のルールで文書管理を行うものもあります。

freeeサインは、文書の作成、締結、管理まで、契約業務の煩雑なプロセスをこれ1つでオンラインで完結するワンストップ型の電子契約サービス。

文書業務での悩み事あるある
  • 文書に関わる業務・コストを減らしたい
  • 契約業務のためだけに出社したくない
  • 紙の文書の管理が大変
  • 電子契約はセキュリティが不安
  • 個人事業で法律的な文書準備が大変

freeeサインの特徴・メリット・できること

使いやすいUI

コロナ以降、この手の電子契約サービスは数多く誕生しており、2021年ごろはちょっとしたブームでした。Googleで「電子契約」で調べれば、多くの企業でプロダクトを出している状況です。

freeeも追従した形になるでしょうが、彼らの強みはユーザービリティ思考でしょうね。

冒頭にも述べた通り、確定申告のような難しいタスクも考え抜かれたユーザー・インターフェース(UI)により、私のような会計リテラシーがない人でも使えるようになっています。

freeeサインもUIを見る限り、使いやすそうです。

freeeサインは外部機関の調査により、使いやすさNo.1の評価を得ているようです。

※調査方法:インターネット調査 / 調査期間:2020年6月6日~8日/ 調査概要:電子契約サービスを対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:1,053名、男女、25~69 歳/ 調査実施:株式会社ショッパーズアイ/ 比較対象企業:「電子契約サービス」Google 検索(2020年5月28日19時15分時点)

有料プランをを退会しても文書が残る

一般的なSaaS型クラウドサービスでは、サービスを退会してしまうとそれまでの情報が消去されてしまいます。電子契約のほかサービスでは締結した文書が削除されてしまうこともあるそうです。

freeeサインでは有料会員でなくなっても無料プランに戻すだけのため、いつでも締結した文書を見に行くことが可能となっています。freeeサイン 無料プラン登録 はこちら)

豊富な公式テンプレートでスピーディーな文書作成

文書テンプレートが豊富ですね。

個人事業主でも出番のあるNDAや業務委託契約書から、人事・労務の文書、営業文書、各種の商取引で使える契約書がすぐに使える状態で準備されています。税理士さんなどの士業をやられている方には相性が良さそうです。

参考 文書テンプレートはこちら

社内承認はワークフローで楽々簡単

上位プランのPro、ProPlusのみとなりますが、作成した文書をワークフローで承認作業を簡易化することも可能です。文書が増えてくると、承認タスクとそのフォローが増えますので法人企業であれば必要になってくる機能です。

印刷・押印・郵送不要の電子締結

電子契約サービスですので当然のことながら、物理で行われていた業務が電子化されます。

契約書のために印刷しなくてよいし、押印のために上長のハンコをもらいに行かなくて良い。やっとできた文書をわざわざ手で契約先に持っていかなくても良い。

機密データを守るためのセキュリティ技術を搭載

大事なデータを預けるためには、きちんとしたセキュリティ機能を持っていなければなりません。

freeeサインのセキュリティ技術
  • タイムスタンプによる文書時刻の信頼性確保
  • 通信暗号化により、なりすましや傍受のリスクに対応
  • 堅牢性の高いプラットフォーム(GoogleやAWSを使用)

freeeサインのプラン・価格

プランは無料プランも含めると6種類。

とりあえず、イメージしていたサービスかどうかを freeeサイン 無料プラン登録 で試して、その後はニーズにあったプランを選択することになりそうです。私のような副業ブロガーはスターターでも大丈夫そうです。

 無料スターターLightLight PlusProPro Plus
月額料金(税別)¥0¥980¥4,980¥19,800¥50,000¥120,000
ユーザー数1111-61-201-100
送信数1通/月10通/月50通/月無制限無制限無制限
そのほかオプションプランごとに機能差異あり(freeeサインの新規資料請求・新規お問合せ

まとめ

私もブログから仕事の依頼が来ることありますし、実際に受けたこともあります。

ただ、そういったことは稀ですし、きちんと契約するための準備もしていません。企業側から仕事についての諸条件、契約条件など素人の私にも分かりやすく提示してくれれば助かりますが、そういうケースはほぼありません。

仕事をしてもきちんと対価がいただけない、となってしまうのも困っちゃいますしね。

「freeeサイン」にはテンプレートも豊富のようですし、月額1千円程度からのプランもあるので始めやすいのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました