【Googleデータポータル】レイアウトとテーマの設定

【Googleデータポータル】レイアウトとテーマの設定 データポータル
スポンサーリンク

Googleデータポータルの用語が分かりづらく、各設定項目で何が起きるのかを把握したく1つずつ設定を確認してみました。

今回は、レイアウトとテーマの設定を図解入りで解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleデータポータル – レイアウトとテーマの設定

Googleデータポータル において、レポートは2つの見方をすることができます。

Googleデータポータルのレポート見え方
  • レポートを見るための「ビュー」画面(レポート閲覧者用)
  • レポートを作るための「編集」画面(レポート編集者用)

「レイアウトとテーマ」では、レポート閲覧者に対する表示内容を決める設定を行います。

レイアウトの設定項目

Googleデータポータル のレイアウト設定(右サイドバーにある)
レイアウト設定(右サイドバーにある)

表示モード

ヘッダーの表示設定
Googleデータポータル のレイアウト設定(ヘッダーの表示設定)
ヘッダーの表示設定

ここで言うヘッダーとは、ユーザー向けのレポートを「ビュー」モードにしたときに、上部に表示されるメニューバーのようなものです。

Googleデータポータル のレイアウト設定(編集画面で「ビュー」を押すと閲覧者用のビュー画面に)
編集画面で「ビュー」を押すと閲覧者用のビュー画面に

▼▼▼

Googleデータポータル のレイアウト設定(ビュー画面表示中、上部のメニューバーがヘッダー)
ビュー画面表示中、上部のメニューバーがヘッダー

▲ 「編集」ボタンが出ている時はビュー画面。この部分のヘッダー表示を制御します。ファイルのオーナーが自分なので「編集」ボタンが出ていますが、ファイル編集を共有していない限りはこのボタンは見えません。

ちなみに、このメニューバーは次の操作インターフェースをユーザーに提供します。

Googleデータポータル のレイアウト設定(レポート閲覧者向けのダウンロードメニュー)レポートをダウンロード
Googleデータポータル のレイアウト設定(レポート閲覧者向けのメール配信メニュー)メール配信をスケジュール
Googleデータポータル のレイアウト設定(レポート閲覧者向けのリンク取得メニュー)レポートへのリンクを取得
Googleデータポータル のレイアウト設定(レポート閲覧者向けの埋め込みメニュー)このレポートを埋め込みます
Googleデータポータル のレイアウト設定(レポート閲覧者向けの全画面表示メニュー)全画面表示
Googleデータポータル のレイアウト設定(レポート閲覧者向けの更新メニュー)データを更新
Googleデータポータル のレイアウト設定(レポート閲覧者向けのレポートコピーメニュー)このレポートのコピーを作成します。
Googleデータポータル のレイアウト設定(レポート閲覧者向けの共有メニュー)このレポートを共有します。

このヘッダーの表示方法を変更できます。

ヘッダー表示のオプション
  • 常に表示
  • 自動非表示
  • 最初は非表示

個人的にはメニューバーの存在をユーザーに分からせたほうが良い気がします。「最初は非表示」にしてしまうとユーザービリティが下がるような…

ナビゲーションの位置

レポートのページが複数ある場合に、ページ遷移を行うインターフェースです。単一ページの場合は表示されません。オプションは「上」か「左」か。

Googleデータポータル のレイアウト設定(ページナビゲーション上部の例)
ページナビゲーション上部の例

▲ シンプルに見せたいなら上。

Googleデータポータル のレイアウト設定(ページナビゲーション左サイドバーの例)
ページナビゲーション左サイドバーの例

▲ 操作性重視であれば左。

表示モード

レポート幅を制御する設定です。

表示モードのオプション
  • 画面の幅に合わせてレポートを広げる「幅に合わせる」
  • 画面の幅に関わらずレポート幅を固定する 「原寸大」(デフォルト)

次の2つの画像は縦横同じサイズでキャプチャしています。

Googleデータポータル のレイアウト設定(表示モードを幅に合わせるの例)
表示モードを幅に合わせるの例

▲ 「幅に合わせる」設定。左右、予約なく広がっています。

Googleデータポータル のレイアウト設定(表示モードを原寸大の例)
表示モードを原寸大の例

▲ 「原寸大」設定。左右に余白があります。

Googleデータポータル のレイアウト設定(余白オプションオフにすると余白が白くなり目立たない)
余白オプションオフにすると余白が白くなり目立たない

▲ (デフォルトはチェックが入っている)「余白あり」のチェックを外すと余白が白くなり目立たなくなります。

キャンパスサイズ

Googleデータポータル のレイアウト設定(キャンバスサイズの変更オプション)
キャンバスサイズの変更オプション

これはグラフ描画をどの規模で行うかに影響するので個人的には最初に決めておくべきだと思います。

4種類のキャンバスサイズとカスタム設定
キャンバスサイズ幅(ピクセル)高さ(ピクセル)
USレターサイズ(4:3)- 縦向き9001200
USレターサイズ(4:3)- 横向き1200900
スクリーン(16:9)- 縦向き7681366
スクリーン(16:9)- 縦向き1366768
カスタム自由自由

職場ではデータポータル を使う機会がありません。個人用途で埋め込みで使うケースがほとんど。PC画面、スマホ画面を意識するのでほとんどカスタムで使っています。

グリッドの設定

グリッドは、縦横に表示されている線でグラフを綺麗に配置する補助的な役割があります。

Googleデータポータル のレイアウト設定(編集画面でグリッドが表示されている)
編集画面でグリッドが表示されている
グリッドの設定項目
Googleデータポータル のレイアウト設定(グリッドの設定)
グリッドの設定
  • サイズ
  • パディング
  • 水平オフセット
  • 垂直オフセット
サイズ

サイズはグリッドの一辺の長さをピクセル単位で指定します。デフォルトは10です。

Googleデータポータル のレイアウト設定(グリッドの設定「10」)
グリッドの設定「10」
Googleデータポータル のレイアウト設定(グリッドの設定「50」)
グリッドの設定「50」
Googleデータポータル のレイアウト設定(グリッドの設定「100」)
グリッドの設定「100」
ジャル
ジャル

目立たないけどグリッド線があるのよ

パディング

パディングは、コンポーネント間の隙間を作る設定です。隙間の大きさはグリッドの大きさにも影響するようなのでセットで決めたほうが良いみたい。20以下にする必要があるようです

水平オフセットと垂直オフセット

グリッドを動かす設定です。水平オフセットは横方向に、垂直方向は縦方向にグリッドを動かします。

Googleデータポータル のレイアウト設定(グリッドを水平オフセットで動かしているGIFアニメーション)
グリッドを水平オフセットで動かしているGIFアニメーション
Googleデータポータル のレイアウト設定(グリッドを垂直オフセットで動かしているGIFアニメーション)
グリッドを垂直オフセットで動かしているGIFアニメーション
ジャル
ジャル

非常に微妙だから目を凝らして動いているわ。老眼にはきついかも。

レポートレベルのコンポーネント位置

これがちょっと分かりづらかった…

まず、コンポーネントというのは、レポート内で使うパーツのこと。

コンポーネントの例
  • レポート自体
  • ページ(1 ページまたは複数ページ)
  • 棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフなどのグラフや表
  • コントロール(日付選択機能、フィルタ オプション)
  • テキストエリア
  • 図形
  • 画像

各コンポーネントはそのページだけで使うか、すべてのページで繰り返し使うかを選べます。

ページレベルのコンポーネントそのページだけで使われます。これがデフォルト。
レポートレベルのコンポーネントすべてのページで繰り返し使われます。
Googleデータポータル のレイアウト設定(ページレベルの説明)
ページレベルの説明

▲ 上の例では2つのオブジェクトはともにページレベル。

Googleデータポータル のレイアウト設定(ページレベルとレポートレベルの違い)
ページレベルとレポートレベルの違い

▲ 右側のみ、レポートレベルにした場合。

「レポートレベルのコンポーネント位置」というのは、レポートレベルで表示するコンポーネントをページレベルのコンポーネントの「上」か「下」で表示する設定、デフォルトは「下」。

Googleデータポータル のレイアウト設定(レポートレベルのコンポーネント位置が「下」)
レポートレベルのコンポーネント位置が「下」

▲ レポートレベルが下の場合。

Googleデータポータル のレイアウト設定(レポートレベルのコンポーネント位置が「上」)
レポートレベルのコンポーネント位置が「上」

▲ レポートレベルが上の場合。

テーマの設定項目

現在のテーマ

予めプリセットされているレポートの見た目(テーマ)です。既定では「シンプル」「シンプル(暗)」の2種類です。次に紹介するメインとサブの色を変更するとカスタムとして登録されます。

Googleデータポータル のテーマ設定(既定のテーマのシンプルとシンプル(暗))
既定のテーマのシンプルとシンプル(暗)

メイン、サブ

これもわかりづらいネーミングで… 

メインキャンバスの背景色
サブ図形や表ヘッダーの色
Googleデータポータル のテーマ設定(メインの配色設定)
メインの配色設定

▲ メインの色を変更するとキャンバスの背景色が変わります。

Googleデータポータル のテーマ設定(サブの配色設定)
サブの配色設定

▲ サブの背景色を変えると図形コンポーネントの色が変わります。図形のほか、表のヘッダーも対象のようです。

配色

棒グラフの棒部分、円グラフの円部分などの配色です。

配色の順序グラフの順番でデータポータルが自動で配色します。
ディメンションディメンション毎の色を決められます。全てのグラフでディメンションカラーを統一できます。

グラフのパレット

Googleデータポータル のテーマ設定(グラフパレット)
グラフパレット
Googleデータポータル のテーマ設定(グラフパレットで設定した色をパイチャートに適用)
グラフパレットで設定した色をパイチャートに適用

▲ グラフのパレットで指定したカラーから順番に使われます。パイチャートがわかりやすい。

Googleデータポータル のテーマ設定(スコアカード比較オプション表示時の配色設定)
スコアカード比較オプション表示時の配色設定

▲ グラフのパレット下部の部分はスコアカードで「比較」をした場合の色付けのようです。

Googleデータポータル のテーマ設定(スコアカード比較オプション表示時)
スコアカード比較オプション表示時

▲ グラフタイプで「スコアカード」を選ぶと、前期間との比較ができます。前期間に比べてプラスならグラフパレットの左の色、マイナスなら右の色が適用されます。

Googleデータポータル のテーマ設定(既定のグラフ罫線の変更オプション)
既定のグラフ罫線の変更オプション

▲ パレットの右下は、グラフ罫線の色を変更するために使います。

Googleデータポータル のテーマ設定(罫線を緑にしてみた)
罫線を緑にしてみた

▲ グラフ個別でも変更可能なので、 「レイアウトとテーマ」で設定する罫線色は既定色ということになります。

グラフのヘッダー

Googleデータポータル のテーマ設定(グラフヘッダーを表示しているGIFアニメーション)
グラフヘッダーを表示しているGIFアニメーション

▲ 右上に点々が縦に3つでるのがグラフヘッダーです。

Googleデータポータル のテーマ設定(グラフヘッダーで使えるユーザー向けのオプション)
グラフヘッダーで使えるユーザー向けのオプション

▲ グラフヘッダーでは並べかえやダウンロードオプションを閲覧者に提供します。

各グラフに並べ替えとダウンロードオプションを表示する領域の表示を制御します。次の3種類のオプションがあり、デフォルトは非表示「なし」です。

グラフのヘッダーオプション
  • なし
  • 常に表示
  • カーソルを合わせて表示
スポンサーリンク

まとめ

ヘルプがわかりやすければこんな記事書かなかったけど、自分でも設定項目にあやふや。インターフェースは絞ってあるものの、用語がふんわりしすぎていてどれがどの設定か…よく迷子になっています。

また、なんか投稿します。

ジャル
ジャル

なんかってなんだよ

Udemyのデータポータル 動画が便利すぎる!(買い切り、繰り返し視聴可)
Google Data Studio - Master the Advanced Concepts

英語の動画になりますが、英語字幕付きなので理解を助けてくれます。

TOEICが600点以上ある社会人であれば、英語の勉強も踏まえてこちらがオススメ。女性で聴きやすい音声、スライドを効果的に使っておりデータポータルの使い方が最短で吸収できます。基本的な使い方から応用まで、流行りのBigQuery連携についても触れられています。

女性の明朗な音声が聴きやすいです。

今日から使える!Google データポータル活用講座

初級者、かつ日本語の動画として現在唯一の存在です。

講師はWebマーケティングを得意とし、AnalyticsやYahooプロモーション広告などの権威の方です。データポータル が必要となる背景から始まり、基本的なグラフの作り方を丁寧に解説しています。応用的な使い方としては、Google Analyticsの連携となっているので、自社サイトの改善に役立てたい方に適した内容となっています。

Google Data Studio Dashboard Design

こちらはデータポータルでもダッシュボードデザインに特化した内容です。BIツールの一つの楽しみ方としては「魅せる」テクニックを使って、難しいデータからどうインサイトを引き出すか、という点にあります。

本講座の内容に効果的に「魅せる」テクニックが含まれており、人より一歩先の使い方を身につけるのに適した内容です。

- How to find the template for your dashboard
- How to get the color in the template
- How to setup the layout and theme for dashboard
- How to design single object
- How to combine multiple objects
- How to design UI elements such as button, page navigation

データポータルデータ可視化
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役に立ったらシェア
アレコレメモをフォローする
スポンサーリンク
アレコレメモ
タイトルとURLをコピーしました