快適・意識高い系のテレワーク環境が月額2,000円〜(リンクを開く)
Udemyで限定セール!

Udemy5周年記念セール開催中、1,500円以上の対象コース購入で500円分のプロモーションコードがもらえます!

『ゼロからの Tableau 入門』
『ゼロからの Tableau Prep 入門』が75%オフ中!!

7/9まで、まもなく終了!

詳細はこちら

【Googleデータポータル】注目指標はスコアカードでインパクトを与える。

データ可視化
スポンサーリンク

ほぼ2ヶ月ぶりの投稿になってしまいました。メインブログ側のネタが溢れすぎていてこちらになかなか来れない。

Googleデータポータルのグラフタイプの中でも最もお手軽なスコアカードの活用方法について記事投稿します。

Tableauというツールも使っているのですが、このスコアカードのように手っ取り早くテキスト指標を作る単体機能はないですね。もちろん、書式設定を使うことで同じようなものは表現できます。

注目指標をサクッと目立たせるときに便利です。ダッシュボードを作るときに上部に指標をいくつか散りばめておくのはBIツールとしてよく使われる手法です。

アレコレメモ
アレコレメモ

職場では数字が悪くなると、脚色しろと要請されます…

ジャル
ジャル

つべこべ言わずに盛りなさいよ。真実なんてどうでもいいわ

どこの世界もこんなもんですよね。

スポンサーリンク

スコアカードとは

Googleデータポータル・スコアカード(レポート上部に効果的に配置させるスコアカード)
レポート上部に効果的に配置させるスコアカード

接続しているデータソース内の指標をカード形式で配置できるコンポーネントです。データソース内にビジネスパフォーマンスを計測できる重要な指標があれば、レポートの上部に配置することで知りたい情報をすぐに把握できます。

スコアカードの作り方

メニューバーの「挿入」、またはツールバーの「グラフを追加」からスコアカードを追加することができます。ツールバーの「グラフを追加」から見るとスコアカードが2種類あります。

Googleデータポータル・スコアカード(スコアカードは簡単に追加・作成できる)
スコアカードは簡単に追加・作成できる
2種類のスコアカード
Googleデータポータル・スコアカード(2種類のスコアカード)
2種類のスコアカード
  • スコアカード
  • 数字が短縮表示されたスコアカード
Googleデータポータル・スコアカード(スタイルプロパティからも表示が変更可能)
スタイルプロパティからも表示が変更可能

違いはなく、通常のスコアカードを選んでも後からスタイル設定で数字の短縮表示は可能です。

Googleデータポータル・スコアカード(スコアカードで最初に表示されるのはデータソースの一番若いインデックス番号を持つもの)

▲ 追加するとデータソースのインデックス番号が最初のものが表示されます。

データのプロパティ

スコアカードのデータ・プロパティ
データソース 選択しているデータソースが表示されます。
指標 スコアカードに表示する指標を選択します。
デフォルトの日付範囲
  • 自動
  • カスタム

比較期間のオプションを入れると、任意の期間との増減が表示される。

フィルター スコアカードのみに適用されるフィルター。
指標を何らかの条件で絞る際に使用する。

指標の設定

基本的には、指標の選択と比較オプションの利用有無を決めるだけだと思います。

Googleデータポータル・スコアカード(スコアカード指標の変更方法)
スコアカード指標の変更方法
Googleデータポータル・スコアカード(スコアカード比較オプションの追加方法)
スコアカード比較オプションの追加方法

▲ 比較オプションを使うことで前の期間や任意の期間との比較をすることができます。設定後、ブルー、またはレッドで左下に表示されているのが比較オプションです。重要指標が上がっているのか、下がっているのかすぐにわかりますよね。

デフォルトの日付期間の設定

Googleデータポータル・スコアカード(デフォルトの日付範囲の変更)
デフォルトの日付範囲の変更

▲ データプロパティにある「デフォルトの日付範囲」でスコアカードの日付範囲を決めることができます。初期設定は「自動」になっていて、これは当日を除いた「過去28日間」表示となっています。

Googleデータポータル・スコアカード(デフォルトの日付範囲の変更方法、任意設定も可能)
デフォルトの日付範囲の変更方法、任意設定も可能
日付範囲のプリセット
  • 絶対指定
  • 過去7日間
  • 過去14日間
  • 過去28日間
  • 過去30日間
  • 今日
  • 昨日

スタイルのプロパティ

指標の短縮表示

Googleデータポータル・スコアカード(スタイルプロパティからの数字の短縮表示)
スタイルプロパティからの数字の短縮表示

▲ 2種類のスコアカードがある話はしていますが、スタイルプロパティからも表示を変更できます。

データが欠落している時の表示方法

指標によっては、対象の日付範囲にデータがない可能性もあります。作ったばかりのウェブサイトならクリックすらされず人も来ないのでクリック数がないこともありますよね。

Googleデータポータル・スコアカード(データが欠落している場合の表示設定)
データが欠落している場合の表示設定
データが欠落している時の表示
  • 「データなし」と表示
  • 「0」と表示
  • 「null」と表示
  • 「」(空白)を表示

ラベルの書式

このあたりは見たままの設定項目です。

Googleデータポータル・スコアカード(ラベルの書式設定)
ラベルの書式設定
ラベルの書式設定
  • ラベルフォント
    • フォントカラー
    • サイズ
    • 使用するフォント
  • 指標名を隠す
  • 指標名、値、比較の配列
    • 左揃え
    • 中央揃え
    • 右揃え

カードの背景と枠線

Googleデータポータル・スコアカード(カードの背景色と枠線の指定)
カードの背景色と枠線の指定

▲ スコアカードの背景、枠線などを行えます。カードに丸みを持たせることもできるようです。

パディング

Googleデータポータル・スコアカード(スコアカードのパディング設定)
スコアカードのパディング設定

パッディングとは、HTMLの概念でコンテンツ内側の余白のことです。左右と上側の余白を決めることができます。

こんな時は?(スコアカードの応用)

集計方法を変更する

Googleデータポータル・スコアカード(スコアカードで使う指標の集計方法の変更)
スコアカードで使う指標の集計方法の変更

集計方法が「自動」だと集計方法は変更できません。データソース側の設定で「なし」としている指標についてはスコアカードのデータプロパティ上で変更することができます。

指標の名前を変更する

Googleデータポータル・スコアカード(スコアカードで使う指標の名前の変更方法)
スコアカードで使う指標の名前の変更方法

データプロパティの指標左側の集計オプションから変更することができます。

フィルターを掛ける

Googleデータポータル・スコアカード(スコアカードではフィルターも使える)
スコアカードではフィルターも使える

スコアカードにはフィルタ設定が備わっているので、指標から取り除きたい条件があれば指定できます。

スコアカードの利用例

アナリティクス

メインのブログでは権威性の担保とするために実績公開としてデータポータルを使っています。ユーザー数(UU)、ページビュー数(PV)の30日間パフォーマンスをスコアカードで上部に表示しています。

サーチコンソール

サーチコンソールのデータをスマホでも見れるようにしてみました。表示回数(Impression)、クリック数(Url Clicks)、クリック率(URL CTR)などを手元ですぐに見れるようにしてみました。

まとめ

見た目シンプルなカードですが、使い勝手が良いです。大事なKPIだけサクッとみたいときに便利です。

タイトルとURLをコピーしました