意識高い系のコワーキングスペースが月額2,000円〜 全国規模で店舗も多くてテレワークが捗る!(詳細はリンク先にて)

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(通貨・日付・表示形式からメニュー全般)

スプレッドシート
スポンサーリンク

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法を投稿します。

いままではあまりつかってきませんでしたが、今後のブログ記事でデータを表示する際にスプレッドシートを使ってもいいかな、と少し真面目に触れています。

アレコレメモ
アレコレメモ

言語設定は、最初に迷う設定の一つなので記事にしておきます。

スプレッドシートでは、言語と地域、タイムゾーン、関数の言語などを変更できます。

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法

言語に関する設定は二箇所

  • Googleアカウントの使用言語
    • スプレッドシート以外にも影響する言語設定です。ほかのアプリ、検索結果画面もアカウントの使用言語が使われます。
  • Googleスプレッドシートの設定
    • スプレッドシート単体での言語設定で、通貨・日付・関数言語の表示に影響します。

スプレッドシートを開いてメニュー表示が英語の場合は、おそらくGoogleアカウントの使用言語が英語になっているのではないかと考えられます。

この場合は、スプレッドシート以外のGoogleアプリも英語表示になるので気づいているとは思いますが、いちおうメニュー表示に影響することは述べておきます。

アカウントの使用言語が日本語で日付・通貨などが意図せずに他の国になっている場合は、スプレッドシートの言語設定を日本語に変更することで表示を元に戻せます。

変更方法(例:英語から日本語)

Googleアカウントの使用言語を変更する

メニュー表示が英語の場合は、Googleアカウントの使用言語が英語になっています。

ほかのGoogleアプリを使っている場合にお試しで使ってそのまま忘れた、、なんてことは私も過去にあったようななかったような。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(メニュー表示が英語の場合)

▲ 上記はメニュー表示が英語の場合です。これを日本語に戻していきます。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(メニュー表示を日本語から英語に戻す)

▲ Fileメニューよろ「Spreadsheet setting」を選びます。

ジャル
ジャル

ほかの得体の知れない言語を使っている場合はテキトーに読み替えて。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(メニュー表示を日本語から英語に戻す)

▲ 「Display Language」の言語部分をクリックします。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(メニュー表示を日本語から英語に戻す)

▲ Googleアカウントの言語設定画面が表示されます。最上位が現在使われている優先言語です。GIF画像では英語が上位なのでこれを下位の日本語と入れ替えます。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(メニュー表示を日本語から英語に戻す)

▲ あとはスプレッドシートの画面に戻って、ブラウザを読込直せばメニュー表示が日本語に戻ります。

「Googleスプレッドシートの設定」から言語と地域(タイムゾーン)を変更する

メニュー表示は日本語だけど、日付・通貨表示などがほかの言語の場合もあり得ます。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(通貨や日付がほかの言語の場合)

▲ 画像は、メニュー表示は日本語で通貨・日付がUS表示になっている場合です。通貨はドル、日付の初期表示も月・日・年の順になっています。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(通貨や日付の表示を日本語に戻す)

▲ スプレッドシートの言語設定を変更するには、「ファイル」メニューから「Googleスプレッドシートの設定」をおこないます。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(通貨や日付の表示を日本語に戻す)

▲ 言語を英語から日本語へと切り替えました。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(通貨や日付の表示を日本語に戻す)

▲ アイコンメニューの通貨は、ドルから円に変わっています。日付は「123」部分から既定の設定を選べば日本的な日付表示に戻せます。

スプレッドシート内で異なる言語を使いたい場合

メニュー表示、日付・通貨表示は日本語のままに一時的にほかの日付・通貨表示を使いたい場面もあろうかと思います。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(一部のセルでほかの通貨や日付の表示を行う場合)

▲ その場合は、アイコンメニュー「123」から「表示形式の詳細設定」を開き、通貨や日付・時刻設定をおこないます。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(一部のセルでほかの通貨や日付の表示を行う場合)

▲ 通貨の種類は膨大に出てきます。アプリ上からの検索には対応していないようですが、ブラウザ上でCMD+F(Windowsの場合はCTRL+F)で探すことができました。今回はユーロ表示にしてみました。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(一部のセルでほかの通貨や日付の表示を行う場合)

▲ 日付はカスタム表示を使ってみました。ドイツの場合は、日・月・年が一般的なようです。

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法(一部のセルでほかの通貨や日付の表示を行う場合)

▲ スプレッドシートの言語設定は日本語のままに、一部の表記をほかの言語表示にできました。

まとめ

Googleスプレッドシートで使用言語を変更する方法を投稿しました。

今後まめに触れつつ、エクセルとの違いを把握していきます。そのうち、データ可視化のトピックも投稿するかも。

タイトルとURLをコピーしました