Udemyでセールやってました。

対象コースが¥1,380から。11月8日まで。

詳細ページ

Gutenbergによる記事投稿を高速化するショートカット9選

Gutenbergによる記事投稿を高速化するショートカット9選ブログ運営
スポンサーリンク

ワードプレスのエディタは、2018年12月にGutenberg(グーテンベルグ、人によってはグーテンベルクと読む)に移行されました。この新しいエディタは、ブロックエディタと呼ばれ編集領域を「ブロック単位」で編集していきます。

今までのMSワード風なClassic Editor(クラシックエディタ)に比べるとかなり違和感を覚える入力インターフェースであり、なかなか使えていない人もいるのではないでしょうか。

私は、リリース後の2か月経過したくらいに使い始めました。なかなかとっつきづらかったのですが先を見越しての判断でした。結果的には記事投稿の表現力がかなり上がり移行してよかったと思っています。

Gutenbergここが良い
  • 表現力が高まった。
  • 編集領域が分割されるのは慣れると便利。ブロックの複製、入れ替えが秀逸。
  • 埋め込み系の機能を使うときに不具合が出づらくなった。
  • アフィリエイトリンクの入れ替えが楽。
  • ALT属性が超いれやすい(これ大事

Gutenbergここが残念
  • 今までにないインターフェースで最初は困惑しやすい。
  • 人によって直感的に使えない。
  • 数多くあるブロックの選択が簡単にできない。

とは言いつつ、もうちょっと高速入力を実現したいとショートカットを覚えることにしました。

公式ヘルプのサイトを参考にしていますが、いかんせんMacの記号表記がみづらいです。ということで読み替えました。

Mac上の記号読み替え
Command (コマンド)
Option (オプション)
Control (コントロール)
Shift (シフト)
アンナ
アンナ

この記号を覚えていることが前提というGutenberg公式サイトの横暴。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

覚えておきたいショートカット

エディタの利便性を高めるために覚えておきたいのは、「ブロックショートカット」だと思います。これらを身につけて置くことでマウス←→キーボードの行き来がなくなります。

選択ブロックの複製と削除

複製は、Windows「 Ctrl+Shift+D 」Mac「 Command+Shift+D

削除は、Windows「 Shift+Alt+Z 」Mac「 Ctrl+Option+Z

Gutenberg(グーテンベルグ/グーテンベルク)のエディタ編集を高速化するショートカット(選択ブロックの複製と削除)

選択したブロックの前に新しいブロックを追加

Windows「 Ctrl+Alt+T 」Mac「 Command+Option+T

Gutenberg(グーテンベルグ/グーテンベルク)のエディタ編集を高速化するショートカット(選択したブロックの前に新しいブロックの追加)

選択したブロックの後に新しいブロックを追加

Windows「 Ctrl+Alt+Y 」Mac「 Command+Option+Y

Gutenberg(グーテンベルグ/グーテンベルク)のエディタ編集を高速化するショートカット(選択したブロックの後に新しいブロックの追加)

新規パラグラフでのブロックタイプ変更

Windows「 /(スラッシュのみ)」Mac「 /(スラッシュのみ)

Gutenberg(グーテンベルグ/グーテンベルク)のエディタ編集を高速化するショートカット(新規パラグラフでのブロックタイプ変更)

▲ 最近使ったブロックは選択できるけど、直近で使っていないものを選ぶときはマウス操作が必要という…

ショートカット忘れたらこれ

これも忘れたらアレだけど…

Windows「 Shift+ALT+H 」Mac「 Control+Option+H

Gutenberg(グーテンベルグ/グーテンベルク)のエディタ編集を高速化するショートカット(ショートカットヘルプの表示)

文字装飾で覚えておきたい3つ

強調文字(太字)、リンクの設定・解除はコマンドからできると便利です。

Gutenberg(グーテンベルグ/グーテンベルク)のエディタ編集を高速化するショートカット(強調文字のショートカット)
Gutenberg(グーテンベルグ/グーテンベルク)のエディタ編集を高速化するショートカット(リンク挿入のショートカット)
スポンサーリンク

すべてのショートカット

エディターショートカット

以降、覚えておくと便利なのには「★」マークを入れておきました。

ショートカットで出来ることWindows/LinuxMacOS
★キーボードショートカットを表示する。Shift+Alt+HCtrl+Option+H
★変更を保存する。Ctrl+SCommand+S
★最後の変更を取り消す。Ctrl+ZCommand+Z
★最後に取り消した変更を再実行する。Ctrl+Shift+ZCommand+Shift+Z
設定サイドバーを表示・非表示。Ctrl+Shift+,Command+Shift+,
ブロックナビゲーションメニューを開く。Shift+Alt+OControl+Option+O
エディターの次の部分に移動する。Ctrl+`Ctrl+`
エディターの前の部分に移動する。Ctrl+Shift+`Ctrl+Shift+`
エディターの次の部分に移動する (代替版)。Shift+Alt+NShift+Option+N
エディターの前の部分に移動する (代替版)。Shift+Alt+PShift+Option+P
一番近いツールバーに移動する。Alt+F10Option+F10
ビジュアルエディターとコードエディターを切り替える。Ctrl+Shift+Alt+MCommand+Shift+Option+M

選択ショートカット

ショートカットで出来ることWindows/LinuxMacOS
★入力中にすべてのテキストを選択する。もう一度押すと全ブロックを選択。Ctrl+ACommand+A
選択部分をクリアする。EscEsc

ブロックショートカット

ショートカットで出来ることWindows/LinuxMacOS
★選択したブロックを複製する。Ctrl+Shift+DCommand+Shift+D
★選択したブロックを削除する。Shift+Alt+ZCtrl+Option+Z
★選択したブロックの前に新しいブロックを追加する。Ctrl+Alt+TCommand+Option+T
★選択したブロックの後に新しいブロックを追加する。Ctrl+Alt+YCommand+Option+Y
★新しいパラグラフを追加した後にブロックタイプを変更する。//

テキスト整形

ショートカットで出来ることWindows/LinuxMacOS
★選択した文字を太字にするCtrl+BCommand+B
選択したテキストをイタリック体にする。Ctrl+I(アイ)Command+I(アイ)
選択したテキストに下線を付ける。Ctrl+UCommand+U
★選択したテキストをリンクに変換する。Ctrl+KCommand+K
★リンクを削除する。Ctrl+Shift+KCommand+Shift+K
選択したテキストに打ち消し線を追加する。Shift+Alt+DCtrl+Option+D
選択したテキストを等幅フォントで表示する。Shift+Alt+XCtrl+Option+X
スポンサーリンク

まとめ

普段、Macのみを使っていればさっと覚えられそうなんですけど、職場ではWindowsを使っているので自宅でMacキーボードを使うときに記号の切り替えがなかなか頭の中でできないです。かといって、自宅でWindowsは使う気にはなれないけど。

ちょっとずつ覚えていきたい。

タイトルとURLをコピーしました