【今だけ!】使ったことあるIT製品レビューを投稿して報酬最大2万円ゲットできる

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された | 使えない環境改善へ(PowerQuery)モダンExcel

Macのエクセルアプリでも「データ機能」周辺が徐々に強化されてきているようです。

今まで限定的なデータ更新や読込み(CSV等)は出来ていたのですが、パワークエリに関する機能は実装されていませんでした。MacでのExcel利用はおまけ扱いで、Windowsとの差別化として高度なデータ管理機能は実装する気がないとも諦めかけていました。

しかし、つい先日(2022年5月)、Excel公式ブログからMacプラットフォームでのパワークエリ機能に関するアップデートがアナウンスされました。

公式 Shape data with Power Query Editor in Excel for Mac

MacでもモダンExcelの世界が到来しつつあります。

スポンサーリンク

近日中に使えるようになるMac版パワークエリ(PowerQuery)

現在は、ベータ版ということで正式リリースは先のようです。正式リリース前に利用するには、Office Insider Programに参加する必要があります。

Mac版エクセルでのパワークエリ機能を使うには、Windows同様に「データ」タブからアクセスします。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(データファイル指定)

▲ Windowsでは「データの取得」でお馴染みの機能は、Macでは「データファイル指定(Power Query)」というボタンになっていました。

英語版だと、Windows/Mac双方で「Get Data」と共通になっていますので、ローカライズした人の好みによる違いでしょうか…

CSVファイルによる読込

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(データソースの選択)

▲ 「データファイル指定(Power Query)」をクリックした後は、読込むデータを指定します。

つい、先日まではExceブックとCSVしか表示されていませんでした。今回のアップデートにより以下のデータソース指定が可能となりました。

  • Excelブック
  • JSON
  • XML
  • テキスト/CSV
  • Sharepoint Onlineリスト
  • Odata
  • 空のテーブル
  • 空のクエリ
MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(ローカルファイル指定)

▲ 試しにCSVファイルを選んで「データの取り出し」で読込みます。ファイルを指定したら「次へ」を押します。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(CSVファイル・データのプレビュー)

▲ ファイルデータのプレビューを確認し、必要であれば文字コードや区切り記号を変更します。その後は、「次へ」あるいは「読込む」を指定することになりますが、前者がパワークエリ・エディターの起動、後者はシートにデータを直接読み込みます。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(パワークエリ・エディターの起動)

▲ 「次へ」でパワークエリ・エディターを起動しました。 ボタンの名称や配置など細かい違いはあれど、概ねWindows版と同じようなインターフェースになります。

以下は、「ホーム」タブ(画像クリックで拡大)。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(ホームタブ)

以下は、「変換」タブ(画像クリックで拡大)。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(変換タブ)

以下は、「列を追加します」タブ(画像クリックで拡大)。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(列を追加しますタブ)

以下は、「表示」タブ(画像クリックで拡大)。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(表示タブ)

以下は、「ヘルプ」タブ(画像クリックで拡大)。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(ヘルプタブ)
MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(パワークエリ・エディターの起動)

▲ パワークエリ・エディターを閉じた場合は、後から「Power Queryエディターの起動」からクエリエディターを起動することができます。

空のクエリ

存在するデータたけではなく、「空のクエリ」があるのでコマンド操作で読込むデータを生成してみます。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(データソースとして空のクエリを指定)

以前、「空のクエリから自動更新される日付テーブルを作る方法」といった記事を投稿しており、これをやってみます。

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された(空のクエリから作った日付テーブル)
空のクエリから作った日付テーブル

▲ 大丈夫ですね、同じように使えました。数式バーに「=(イコール)」を入れる必要はありませんでした。

データモデル機能はない

エクセルだとさらに、作成したクエリからデータモデルを作る機能があるわけですが、現状のMac版エクセルではそこまでの機能はありませんでした。今後、機能拡充されることを期待したいところです。

スポンサーリンク

まとめ

MacのExcelアプリでパワークエリ機能が強化された、というお話でした。

パワークエリは、データ前準備において実に強力なツールです。

Windowsの後追いになるので、どうしても機能追従が遅れるものの、パワークエリがMacでも扱えると助かりますね。対応するデータソースがまだまだ限定的なので、そこも追従してもらえることを祈ります。

Excelパワーピボット 7つのステップでデータ集計・分析を「自動化」する本
翔泳社
パワークエリやパワーピボットといったExcelの新機能を利用して、データ集計・分析を「自動化」する方法を解説が7つのステップで解説してくれますデータとロジックが分離されるので、今までの次元の異なる、圧倒的な業務改善が可能になります。
Excelパワークエリ データ収集・整形を自由自在にする本
翔泳社
日本で初めてとなるMicrosoft Power Query(パワークエリ)専門の書籍です。例をなぞってお終いではなく、パワークエリを使ったデータ変換の原理・原則を理解し、自由自在に応用できる基礎を身に着けることができます。
Excelピボットテーブル データ集計・分析の「引き出し」が増える本
翔泳社
ピボットテーブルの専門書籍ならコレできまり!ピボットテーブルの基本から応用まで網羅、さまざまな集計・分析の方法を知ることができ、引き出しが増える、集計前のデータ整理や、ピボットテーブルの構造も理解できる。
ピボットテーブルも関数もぜんぶ使う!Excelでできるデータの集計・分析を極めるための本
ソシム
Excelで実際に高度なデータ分析を行なっている現役社員が解説するエクセルデータ分析の専門書籍。集計作業に費やす時間を大幅に短縮するためのテクニックを、そして「質」の高い分析結果を導き出すためのノウハウが徹底的に追求されている。
翔泳社ならPDFで書籍が購入できる!

紹介する書籍の中で翔泳社出版のものは、紙媒体やKindleのほかに公式サイト「SEshop」でPDF書籍が購入できます。オフィスで画面に移しながら手を動かせるので使い勝手抜群!!

\ お得なポイントバック! /

全国送料無料!IT書、ビジネス書、資格書が豊富なSEshop

「SEShop」だとクーポン利用可、PDF版での入手となり扱いやすいです。現在、10%オフとなるクーポンが配布されていました。アマゾンとかで買うよりもお得です。

\ 10%OFFクーポン配布中!! /
タイトルとURLをコピーしました